ヨーロッパの夜行列車

リージェントロードから望む夜のエディンバラの主要鉄道駅

広範な地域を網羅する快適な夜行列車を利用してヨーロッパ内を旅行すれば、眠っている間に移動できるため、貴重な時間を節約できます。夜に出発して、次の日には新たな街に到着。十分な休息をとってリフレッシュできるので、新しい街での観光をすぐにスタートできます。ヨーロッパの夜行列車を初めて利用する方は、ユニークな体験ができることでしょう。

夜行列車を利用するメリット

 
  • 眠っている間に移動できるため、時間を節約できます。

  • 夜行列車での宿泊を選ぶと、多くの場合ホテルに宿泊するよりも安く済みます。手頃な料金のリクライニングシートの座席から、個室のキャビンまで、予算に合わせて選べます。

  • 夜行列車に揺られて眠りながらヨーロッパの鉄道で長距離を移動するという、画期的な体験ができます。
     

夜行列車に乗車する際は、通常、お客様のユーレイルパスとパスポートを乗務員がお預かりすることになります。翌朝列車を降りるまでにはすべてお手元に返却されますのでご安心ください。これは、夜間に国境を越える際にお客様を起こさずに済むようにするためです。次の目的地に備えてゆっくり睡眠をとってください。

座席と寝台

 
エリプソス夜行列車の 1 等

エリプソス夜行列車の 1 等

夜行列車を利用する際には、ご希望の快適さや予算に合わせて、座席または寝台を予約してください。ほとんどの夜行列車には共用の化粧室とシャワールームが備えられています。また、一部の夜行列車にはトイレとシャワー付きの高級コンパートメントがあります。ベッド付きの寝台(スリーパーまたはクシェット)を予約した場合、シーツ、ブランケット、枕が用意されます。リクライニングシートを予約した場合は、ブランケットの代わりになるものを持参してください。

ほとんどのヨーロッパの夜行列車では次の設備が用意されています。

  • スリーパー(Sleeper):個室のキャビン、1 等 (1st class)

  • クシェット:4 ~ 6 人用のキャビン(2 等 (2nd class))

  • リクライニングシート(Reclining seat):飛行機のような座席、2 等 (2nd class)


 

夜行列車の座席種類の詳細についてはこちらをご覧ください。

食べ物と飲み物

 
ドイツの高速鉄道 ICE の食堂車

ドイツの高速鉄道 ICE の食堂車

夜行列車には多くの場合フルサービスの食堂車があり、朝食、昼食、夕食、軽食、飲み物を楽しむことができます。


費用を節約したい場合は、食べ物や飲み物を持って乗車することもできます。

予約

 

ユーレイル パスホルダーが夜行列車を利用するときに支払うのは、寝台またはリクライニングシートの予約料のみです。乗車料金はユーレイルパスに含まれています。予約料は利用する座席や寝台の種類によって異なります。リクライニングシートが €3、個室のキャビンが €100 などとなります。

予約は義務付けられており、ハイシーズンやピークの時間帯に利用する場合は事前の予約をお勧めします。オフシーズンやピーク時以外の時間帯であれば、多くの場合、列車に乗ってから車掌に寝台を利用できるかどうか尋ねることができます。ただし、列車が出発する前に尋ねてください。当ウェブサイトでユーレイルパスを注文された場合、すべてのご予約に弊社の予約サービスをご利用いただけます。あるいは鉄道駅で予約するか、旅行代理店を通じても行うことができます。
 

予約方法についてはこちらのページを、また夜行列車の予約料についてはこちらのページをご覧ください。

夜行列車を利用する際のヒント トップ 3

 
  1. 寝台客室(クシェット)またはリクライニングシートを利用する場合は耳栓を持参してください。

  2. 夜間、貴重品は常に手元に置いてください。

  3. お休みの間、列車内のコンセントで電子機器を充電すれば、目的地に着く前に充電を済ませることができます。

トップに戻る