ブルガリアおよびトルコでの運行停止

停車中のトルコの列車

2016年7月27日
建設工事の影響により、現在、ブルガリアおよびトルコの鉄道ネットワークにおいて列車運行停止が発生しています。ブルガリアおよびトルコでの旅行を予定されている方は、下記の内容をお読みください。この情報は特に、イスタンブールまでバルカン エクスプレス (Balkan Express) またはボスポラス エクスプレス (Bosphorus Express) を利用する予定の方々にとって重要です。


ブルガリアでの建設工事

ブルガリアでの建設工事は、トルコ行き国際列車の運行に大きな影響を及ぼしています。ソフィアからイスタンブールまでを結ぶバルカン エクスプレスはヤバルコヴォ (Yabalkovo) までの区間のみ運行しており、ディミトロフグラードおよびその先のトルコのカプクレ (Kapikule) までは代替バスが運行しています。これらのバスはユーレイルパスで利用することができます。このバスの所要時間は約 3 時間 20 分です。

ブカレストからイスタンブールへ向かうボスポラス エクスプレスは、ゴルナ オリャホヴィツァまでの区間のみ運行しています。ディミトロヴグラードおよびその先のトルコのカプクレまでは代替バスが運行しています。これらのバスはユーレイルパスで利用することができます。このバスの所要時間は 7 時間ほどです。

トルコでの建設工事

イスタンブールへ旅行される場合は、ヨーロッパからのすべての列車がカプクレ (Kapikule) で停車することにご注意ください。代替バスがカプクレとイスタンブール間を運行しており、ユーレイルパスで利用することができます。反対にイスタンブールから旅行される場合は、カプクレ行きの代替バスに乗車する前に、イスタンブールのシルケジ (Sirkeci) 駅で予約をする必要があります。

イスタンブール ハイダルパシャ (Haydarpasa) 駅発着の列車は廃止されています。エスキシェヒル (Eskisehir) へはバスでも行けますが、このバスはユーレイルパスでは乗車できませんのでご注意ください。エスキシェヒル駅は工事中ですが、アンカラをはじめトルコ各地への乗り継ぎが可能です。

トルコ初の高速鉄道路線

トルコ国鉄 (TCDD) は、ヨーロッパ内でトルコ初の高速鉄道路線を建設中です。この鉄道路線は、新しいボスポラス (Bosporus) トンネルを経由して、首都アンカラと、最も人口の多い都市であるイスタンブールとを結ぶ予定です。この新しい輸送路線は約 1700 万人の乗客を輸送でき、完成により移動時間の短縮と汚染レベルの低下が期待されています。

トップに戻る