ユーレイルパスとインターレイルパス、どちらを利用するべきですか?

ユーレイルパスを利用できるのは、ヨーロッパ各国の国民でない方およびヨーロッパ以外に居住する方のみです。ヨーロッパにお住まいの方は、interrail.eu からインターレイルパスをご購入いただけます。ヨーロッパの国の国民ではなくても、ヨーロッパに居住していることを証明できる場合は、インターレイルパスを利用することもできます。

ユーレイルパスの利用資格がある国籍の一覧はこちらです。

市民権を証明する書類
市民権を証明するものとしては、有効なパスポートまたは身分証明書が認められます。この場合の身分証明書とは、国境を越えた旅行を可能にする身分証明に関する文書のことを指します。鉄道乗務員が乗客の国籍を確認することがあります。必ずパスポートまたは身分証明書を携帯してください。

運転免許証は市民権の証明として認められません。

居住国を証明する書類
ヨーロッパにお住まいの方がインターレイルパスで旅行する場合、政府発行の居住に関する公的文書にて居住国を証明する必要があります。この書類は、お住まいの国の居住者であることが明記されているものでなければなりません(例:永住者用身分証明書)。

以下の場合、居住国の証明として認められます:

  • 政府機関が発行したもの。

  • インターレイルの旅の期間中ずっと有効である。

  • 発行機関の公記号または公印が付いている。

  • 発行国が明記されている。

  • お客様の氏名が明記されている。

請求書、賃貸借契約書、銀行の取引明細書などは使用できません。観光ビザおよびパスポートの居住国欄は、居住国を証明するものとして認められません。

ユーレイル パスホルダーとインターレイル パスホルダーは一緒に旅行できますが、インターレイル グローバルパスはユーレイル グローバルパスよりも多くの国で利用できることにご注意ください。

ユーレイルまたはインターレイルのどちらを利用するかについては、以下の項目で当てはまるものを確認してください:

 

ユーレイルパスを利用できます。インターレイルパスは利用できません。国籍の証明になるものをお持ちください。

インターレイルパスまたはユーレイルパスのどちらかを利用できます。ただし、インターレイルパスを利用する場合、お住まいの国では無効となります。

例:米国市民がイタリアに住んでいる場合、ユーレイルパスを利用すると、ユーレイルに含まれる国すべてで有効となります。米国国籍の証明となるものをお持ちください。インターレイルパスを利用する場合、イタリアでは無効となります。イタリアの居住証明となるものをお持ちください。

インターレイルパスを利用できます。このパスは、ご自分の国では無効となります。

例:イタリア国民がイタリアに住んでいる場合、インターレイルパスはイタリアでは使用できません。旅行の際には、イタリア国籍の証明または居住国の証明となるものをお持ちください。

インターレイルパスまたはユーレイルパスのどちらかを利用できます。ただし、インターレイルパスを利用する場合、国籍を持つ国では無効となります。

例:フランスの国籍を持ちながら、オーストラリアに住んでいる場合。ユーレイルパスを利用すると、ユーレイルに含まれる国すべてで有効となります。オーストラリアに居住している証明となるものをお持ちください。インターレイルパスを利用する場合、フランスでは無効となります。フランス国籍の証明となるものをお持ちください。


インターレイルパスは、ヨーロッパの住所にしかお届けできないためご注意ください。

下記の国のいずれかにお住まいの方は、ユーレイルパスをご利用いただけます:

A
アフガニスタン
アルジェリア
米領サモア
アンゴラ
アンギラ
アンティグアバーブーダ
アルゼンチン
アルメニア
アルバ
オーストラリア
アゼルバイジャン

 

B
バハマ
バーレーン
バングラデシュ
バルバドス
ベリーズ
ベナン
バミューダ
ブータン
ボリビア
ボツワナ
ブラジル
英領インド洋地域
英領ヴァージン諸島
ブルネイ
ブルキナファソ
ブルンジ

 

C
カンボジア
カメルーン
カナダ
カーポベルデ諸島
ケイマン諸島
中央アフリカ共和国
チャド
チリ
中国
クリスマス島
ココス諸島
コロンビア
コモロ諸島
コンゴ
コンゴ民主共和国
クック諸島
コスタリカ
コートジボワール
キューバ

D
ジブチ
ドミニカ
ドミニカ共和国

 

E
東ティモール
エクアドル
エジプト
エルサルバドル
赤道ギニア
エリトリア
エチオピア

 

F
フォークランド諸島
フィジー
フランス領ギアナ
フランス領ポリネシア

 

G
ガボン
ガンビア
ガーナ
グルジア
グリーンランド
グレナダ
グアドループ
グアム
グアテマラ
ギニア
ギニアビサウ
ガイアナ

 

H
ハイチ
ホンジュラス
香港

 

I
インド
インドネシア
イラン
イラク
イスラエル

 

J
ジャマイカ
日本
ヨルダン

 

K
カザフスタン
ケニア
キリバス
朝鮮民主主義人民共和国
韓国
クウェート
キルギスタン

 

L
ラオス
レバノン
レソト
リベリア
リビア

 

M
マカオ
マダガスカル
マラウイ
マレーシア
モルディブ
マリ
マーシャル諸島
マルティニーク
モーリタニア
モーリシャス
マヨット
メキシコ
ミクロネシア
モンゴル
モントセラト
モロッコ
モザンビーク
ミャンマー

 

N
ナミビア
ナウル
ネパール
オランダ領アンティル
ニューカレドニア
ニュージーランド
ニカラグア
ニジェール
ナイジェリア
ニウエ
ノーフォーク島
北マリアナ諸島


 

O
オマーン

P
パキスタン
パラオ
パナマ
パプアニューギニア
パラグアイ
ペルー
フィリピン
ピトケアン島
プエルトリコ

 

Q
カタール

 

R
レユニオン (La)
ルワンダ

 

S
サモア
サントメ プリンシペ
サウジアラビア
セネガル
セイシェル
シエラレオネ
シンガポール
ソロモン諸島
ソマリア
南アフリカ共和国
スリランカ
スーダン
スリナム
スイス
シリア
セントヘレナ
セントクリストファーネーヴィス
セントルシア
サンピエール島、ミクロン島
セントビンセント

 

T
台湾
タジキスタン
タンザニア
タイ
トーゴ
トンガ
トリニダード トバゴ
チュニジア
トルクメニスタン
タークス カイコス諸島
ツバル

 

U
ウガンダ
アラブ首長国連邦
米国
ウルグアイ
ウズベキスタン

 

V
バヌアツ
ベネズエラ
ベトナム
米領ヴァージン諸島

 

Y
イエメン

 

Z
ザンビア
ジンバブエ

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

トップに戻る